そうだったのか!疲労対処のコツ

疲れのことを知って、疲労対処のコツを身につけましょう!

疲れの対処法


はじめに

「疲れ」を感じている人々は、一体、どのような処置によって「疲れ」に対処しているのでしょうか。

ここでは疲れについての一般調査をもとに「疲れの対処法」についてまとめました。

今、疲れている方や、普段何気なく疲れをやり過ごしている方にとって、「疲れ」と向き合うための有効な情報としてご活用ください。

疲れの具体的対処

疲れの対処法は?

2014年に行った調査で 「疲れの対処法」を聞いたところ、次のような結果がでています。


疲労の対処法として活用しているものは、
①睡眠・休養をよくとる…59.6%
②お風呂につかる・ゆっくり入る…36.2%
③湿布・貼り薬・塗り薬を使う…15.6%
④体を動かす・運動する…14.3%
の順になっています。

出典:2014年6月タケダ調査 N=1,200 20歳以上男女

疲労回復に効果が高いと感じる対処法は?

行っている対処法の中で「最も効果のある疲れの対処法」を聞いたところ、次のような結果になりました。
(効果が高いと思っている順)

①睡眠・休養をよくとる
②お風呂につかる・ゆっくり入る
③マッサージ・はり・お灸・整体・整骨院に行く
④湿布・貼り薬・塗り薬を使う
⑤体を動かす・運動する
⑥友人・家族とおしゃべりする

出典:2014年6月タケダ調査 N=1,129 20歳以上男女

代表的な体の疲れへの対処の特徴

全体的に睡眠や入浴で対処してる人が多いことがわかりました。 体の部分的な痛みやこりには「目薬を使う」、「湿布・貼り薬・塗り薬を使う」といった文字通り部分的に薬を使用した対処、体全体の疲れに対しては「ドリンク剤をのむ」という対処をしてる人が多いのが特徴的でした。

出典:2014年6月タケダ調査 N=1,200 20歳以上男女

このページのTOPへ

武田コンシューマーヘルスケア株式会社

© Takeda Consumer Healthcare Company Limited