更新日:2021年12月1日

知っ得!健康情報 Vol.3 脳エクササイズで、老化ぎみの脳をスッキリ!

いきいきとした毎日を送るためには、正しい健康のための基礎知識が大切です。
みなさんは、以前に比べて、ずいぶん疲れやすくなったなぁと、お思いではないでしょうか? 年齢を重ねると、
一般的に「疲れ」を感じやすくなることが言われています。
これからも前向きにチャレンジを続けるみなさまへ、ちょっとしたひと工夫で改善できる健康情報をお届け致します。
ぜひ、みなさまの健やかな毎日にお役立てください。

監修

眞田 祥一

脳神経外科・眞田クリニック院長

INDEX

脳エクササイズで、老化ぎみの脳をスッキリ!

若いころはいくらでも眠れたのに、年をとるごとに早起きになっている自分に気づきませんか。年をとると、眠るのにも「体力がいる」と誰かが言っていました。
朝、起きられるけれど、どうも寝起きの調子が上がらないという人に、脳をスッキリ目覚めさせてくれる、脳のエクササイズをご紹介しましょう。
短時間でできて、気持ちよく朝をスタートさせてくれます。早朝の運動は体調に影響を与える可能性もございますので、ご無理のないようお気をつけください。

お目覚め体操

脳髄液の流れをよくし、脳がクリアーに目覚める効果があります。

  • 背すじを伸ばしていすに座り、目を閉じます。

  • 息を吐きながら、できるだけ頭を前に倒し、1秒間静止します。

  • 息を大きく吸いながら、素早く頭を起こして背中側に倒し、目を大きく見開きます。
    (頭を後ろに倒す動作が速すぎると首を痛める危険があるので注意してください)

元の姿勢に戻り、(1)~(3)を5回繰り返してください。

目の左右運動

ものを見る動作は脳の神経がつかさどっています。目を素早く動かして視神経を鍛えれば、朝からものがクリアーに見えて目覚めを促します。

目線の高さで眼球を左右に素早く動かします。

できるだけ速く動かし、10秒間くらい続けます。

舌出し運動

舌の神経は舌先神経から枝分かれして脳幹につながっています。舌を素早く動かして脳を刺激するとともに、味覚や唾液分泌のトレーニングにもなります。

舌を素早く出し入れします。

舌の根元のほうまで出すイメージで、5秒以内に10回出すように。

製品ラインナップをみる