元気の雑学

2011年1月13日公開分

Vol.9お酒を飲む人はビタミンB1不足にご注意!

はじめに

年末年始は、何かとお酒を飲む機会が増えていくものです。アルコールの摂取量が増える時期に、「何だか疲労を感じることが多くなった」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、疲労の原因のひとつである「アルコール摂取とビタミンB1」の関係についてご説明いたします。

アルコール摂取量が増えると、ビタミンB1が多く消費されます

アルコールを摂取すると体内での分解にビタミンB1が消費されます。たくさん飲めばそれだけビタミンB1も多く消費されるのです。エネルギー産生に必要なビタミンB1が不足すると疲労を感じるようになります。


お酒の好きな人はビタミンB1が不足しがちです

  • 大酒家(たいしゅか)といわれる人ほど、酒の肴をあまり食べずに飲む傾向があります。そのため、ビタミンB1摂取量も少なくなるのです。
  • お酒を飲むと、ビタミンB1の吸収率が悪くなります。


特にシニア世代はビタミンB1不足に注意が必要です

平成20年の飲酒習慣がある人の割合は男性35.9%、女性6.4%で、5年前の男性37.4%、女性6.6%と比較して若干減少しています。ところが、男性の60代、女性の50代、60代では増加していて、これは、以前の飲酒習慣がそのまま継続されていることが推測されます。以前と同じようにお酒を飲んでも、疲れやすさなど加齢とともに変化を感じませんか?もしかしたらビタミンB1不足かもしれません。
また、年齢とともにビタミンB1の吸収量や保持力は低下していきます。普段からビタミンB1をきちんと補うことを心がけましょう。

【コラム】お酒を飲むと顔が赤くなりませんか?

アルコールを摂取すると肝臓で「アセトアルデヒド」という物質に分解されます。この物質は体に有害で、食道がんとの関連性が指摘されています。アセトアルデヒドは「アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)」という酵素で無害な酢酸に分解されます。このALDH2は「遺伝」によって型が決まっています。アセトアルデヒドを分解する力が強い遺伝子(正常型)と弱い遺伝子(欠損型)があり、「完全欠損型」は日本人の約5%に見られるそうです。こういう人はお酒をほとんど飲むことができない「下戸」と呼ばれる人たちです。両親から受け継いだ遺伝子のうち、どちらかが欠損型である「部分欠損型」(日本人の30〜40%)の人たちは、顔が赤くなるけれど、そこそこ飲めるタイプです。この顔が赤くなるのは、分解できず体内に残ったアセトアルデヒドによっておきるのです。お酒を飲むと顔が赤くなる人は、お酒はほどほどにしましょう。

がんばるあなたに。疲れの情報局

疲れってなんだろう?

疲れた時の対処法

元気にすごそう

このページのTOPへ

TOP

武田薬品工業株式会社

© 2001 Takeda Pharmaceutical Company Limited.