疲れはカラダのメッセージ

74.4%の人が疲労を感じています。

2014年に実施したタケダの調査によれば、疲れを感じている人の割合は74.4%に達し多くの人が日常的に疲れを感じていることがわかりました。
疲れは、からだの警告信号です。その信号を自覚し、からだをいたわってあげることが重要です。

疲れを感じる頻度は?
よく疲れを感じる 22.8%
ときどき疲れを感じる 51.6%
あまり疲れを感じない 16.6%
まったく疲れを感じない 9.0%
わからない 0.0%
2014年6月タケダ調査
n=1,200(対象:20歳以上男女)

疲れはからだが発するメッセージ。

疲れは、からだが発するメッセージです。「痛み」「発熱」と合わせて、三大生体アラームといわれます。「痛み」や「発熱」は、多くの人が鎮痛剤やかぜ薬などで対処していますが、「疲労」に関しては「痛み」「発熱」ほどに危機感を感じられずに対処出来ていないのが実状です。

三大生体アラーム
痛み 発熱 疲労疲れは、からだのメッセージ。
疲れは、からだがあなたに送るメッセージ。
その声によく耳をかたむけて、
からだをじゅうぶん、いたわってあげてください。

疲れに気づいたら早めに対処しましょう。

がんばるあなたに。疲れの情報局

疲れってなんだろう?

疲れた時の対処法

元気にすごそう

このページのTOPへ

TOP

武田薬品工業株式会社

© 2001 Takeda Pharmaceutical Company Limited.