深田さんと発見!アリナミンAツアー

カラダがだるい・重いと感じる疲れに。深田恭子さんと一緒に、アリナミンAの特徴を知ってください。

皆さんは日常生活の中で、
カラダが、だるい 重い
と感じたことはありませんか?

ありますね。
でもそれには何か
原因があるのですか?

それは、お疲れなのではありませんか?
また、その
「だるい」、「重い」
といった状態は
ビタミンB1
不足が原因かもしれませんね。

そんな時は
A
がオススメです!

疲れの原因がビタミンB1不足?
なぜそんな時にはアリナミンAが
オススメなんですか?

肉体が疲労しているのは、細胞内でのエネルギー不足が大きな原因だといわれています。

エネルギーの多くは炭水化物(ブドウ糖)を燃やして作られますが、その時重要な働きをしている物質にビタミンB1があります。

ビタミンBは、生命維持に欠くことのできない栄養素のひとつで、不足するとエネルギー代謝が充分できず、疲れが現れてきます。

これほど大切なビタミンB1にもかかわらず腸管からは、一定量しか吸収されません。

アリナミンAにはビタミンB1の吸収をしやすくするため、タケダが開発したフルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)を配合しています。
フルスルチアミンについてはこちら>

フルスルチアミンは、吸収された後、疲れたカラダのすみずみにゆきわたり、効いていきます。

さらに、補酵素(コエンザイムA)となって脂肪をエネルギーとして燃やすパントテン酸カルシウムの他、ビタミンB2、B6、B12を配合しています。

だから!
「だるい」、「重い」といった
疲れたカラダに効くのです。

フルスルチアミン(ビタミン170508誘導体)

なるほど〜!
アリナミンAには
そんな効果があるん
ですね。

他にはどんなことに
効くんですか?

アリナミンAは
「だるい」、「重い」の他にも
「筋肉痛」、「便秘」の緩和「脚気」等にもすぐれた効果をあらわします。

筋肉痛や脚気、それ
に便秘
にもイイって
女性にとって
はうれ
しいですね。

効能としては・・・

効能

  1. 1次の場合のビタミンB1の補給
    肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時
  2. 2次の諸症状の緩和
    筋肉痛・関節痛(腰痛、肩こり、五十肩など)、神経痛、手足のしびれ、便秘、眼精疲労
  3. 3脚気
    ※「ただし、上記2および3の症状について、1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師または薬剤師に相談すること。」

では、
1日の服用量は
どれくらいですか?

服用量

  • 15歳以上 1〜3錠
  • 11歳〜14歳 1〜2錠
  • 7歳〜10歳 1錠
    ※服用量は年齢によって異なりますのでご注意ください。 服用回数は1日1回です。
    食事の直後であれば、飲み忘れの少ない時いつでも服用ください。
    また、アリナミンAは7歳からのお子様でも服用ができます。

だから
アリナミンAが
オススメなんですね。

疲れは痛みや発熱と並んで三大生体アラーム
言われ、
からだがあなたに送るメッセージ
からだの異常を知らせる信号です。

疲れは、感じていても、
痛みや発熱ほどには危機感をもたないので、
ついついからだの限界を
超えてしまいがちなのです。

目・肩・腰にまで疲れを感じたら、
できるだけ早めに対処することが
とてもだいじです。

このページのTOPへ

武田コンシューマーヘルスケア株式会社

© Takeda Consumer Healthcare Company Limited