アリナミンEXプラスとEXプラスαの違い

アリナミンEXプラス

こんな方に
食事のバランスが悪く栄養補給が心配。
最近いつも疲労やだるさを感じる。
最近いつも肩がこってつらい。

アリナミンEXプラスα

こんな方に
目の奥が痛い・目の焦点が合わない・目がかすむなどの特につらい症状がある。
動いている時やじっとしている時、腰に特につらい痛みを感じる。
いくら揉んでもすぐに肩がこる。

こんな方に
食事のバランスが悪く栄養補給が心配。
最近いつも疲労やだるさを感じる。
最近いつも肩がこってつらい。

こんな方に
目の奥が痛い・目の焦点が合わない・目がかすむなどの特につらい症状がある。
動いている時やじっとしている時、腰に特につらい痛みを感じる。
首から肩にかけて、筋肉の緊張感、不快感、特につらい痛みを感じている。

添付文書はこちら 添付文書はこちら

毎日感じるその疲れに。


アリナミンEXプラス:目の疲れ、肩こり、腰の痛みに。


目・肩・腰にまで疲れを感じたら。


アリナミンEXプラスα:目の疲れ・肩こり・腰の痛みに
成分(成分名にカーソルをあわせると説明が表示されます) ※3錠(15歳以上の1日最大服用量)中
100mg
(109.16mg)
フルスルチアミンとして
(フルスルチアミン塩酸塩)フルスルチアミンとして(フルスルチアミン塩酸塩)
腸管からよく吸収され、体の組織にゆきわたり、活性型ビタミンB1となって働く特徴を持っています。ビタミンB1は炭水化物(糖質)からのエネルギー産生に関与する重要な物質で、神経や筋肉の働きは、このエネルギーによって支えられています。 こちら
100mg
(109.16mg)
100mg
ビタミンB6
(ピリドキシン塩酸塩)ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)
主にタンパク質の代謝に関与し、エネルギー産生に役立ちます。神経の機能維持やアセチルコリンなど数種類の神経伝達物質の生成と分解や髄鞘(ミエリン)の修復などに関与。
100mg
1,500μg
ビタミンB12
(シアノコバラミン)ビタミンB12(シアノコバラミン)
タンパク質や脂質の代謝に関与しています。神経機能維持に役立ち、髄鞘(ミエリン)の生成・修復や神経伝達物質の代謝に関与。
1,500μg
103.58mg
(100mg)
ビタミンEコハク酸
エステルカルシウム
(dl-α-トコフェロール
コハク酸エステル)ビタミンEコハク酸エステルカルシウム(dl-α-トコフェロールコハク酸エステル)
末梢の血液循環を改善し、神経や筋肉組織への酸素・栄養素の供給、組織からの老廃物の排出に役立ちます。
103.58mg
(100mg)
30mg
パントテン酸カルシウムパントテン酸カルシウム
ビタミンB群の一つで、体内での代謝に広く関与しています。補酵素Aの構成成分で、脂肪や糖質をエネルギーに変える際、重要な働きをしています。
30mg
10mg
ガンマーオリザノールガンマーオリザノール
神経や筋肉の機能維持に役立つビタミンB1・B6・B12の働きを助けます。
10mg
ビタミンB2(リボフラビン)ビタミンB2(リボフラビン)
三大栄養素(脂質、タンパク質、糖質)をエネルギーに変える際に役立ちます。特に脂質の分解に関与しています。
10mg
  1. 次の諸症状の緩和
    眼精疲労、筋肉痛・関節痛(肩こり、腰痛、五十肩など)、神経痛、手足のしびれ
  2. 次の場合のビタミンB1 B6 B12の補給
    肉体疲労時、病中病後の体力低下時、妊娠・授乳期
「ただし、上記1の症状について、1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師または薬剤師に相談すること。」

  1. 次の諸症状の緩和
    眼精疲労、筋肉痛・関節痛(肩こり、腰痛、五十肩など)、神経痛、手足のしびれ
  2. 次の場合のビタミンB1 B2 B6 B12の補給
    肉体疲労時、病中病後の体力低下時、妊娠・授乳期
「ただし、上記1の症状について、1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師または薬剤師に相談すること。」
次の量を、食後すぐに水またはお湯で、かまずに服用すること。
年齢 1回量 1日服用回数
15歳以上 2〜3錠 1回
15歳未満 服用しないこと
<用法・用量に関連する注意>
用法・用量を厳守すること。




次の量を、食後すぐに水またはお湯で、かまずに服用すること。
年齢 1回量 1日服用回数
15歳以上 2〜3錠 1回
15歳未満 服用しないこと
<用法・用量に関連する注意>
用法・用量を厳守すること。








このページのTOPへ

武田コンシューマーヘルスケア株式会社

© Takeda Consumer Healthcare Company Limited